ケバブ屋さん。

2017-03-24

高島平からのトレーニングの帰り道、秋葉原、中央通りから昭和通りに向かう17号沿いにケバブ屋があります、路駐出来れば買って帰るのが最近のパターン。その昔の原宿のクレープ屋じゃないですけど、近年は秋葉原、仲御徒町にケバブ屋の多いこと、定番のローカルフードになった感があります。そのお店、多分トルコ人のオジサンが屋台風の狭い場所で運営、いつもスエットパンツ姿なんですが、あと数センチ下がればパンツが見えるぞ状態なのはご愛嬌。辛い、普通、甘いの3ヶで1500円を購入すると、親切にペンで書いてくれるんですが「甘い」は「AMAY」、なかなかエキゾチックだなと。1ヶ食べればホントにお腹いっぱいになるんで、コストパフォーマンスの高さも人気の秘訣かなといつも感心してます。東京にいらしたらアキバ名物、是非お試しを!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL